トレンド情報

アストラゼネカ製ワクチン接種開始!有効性・安全性をご紹介!接種体験談3選

アストラゼネカ製ワクチン

今回は日本国内でも接種が始まった「アストラゼネカ製ワクチン」に関して情報発信していきます。

 

コロナワクチン効果
コロナワクチン「効果が低い人」「効果が維持しにくい人」についての調査結果!ワクチン効果を持続させる方法3選コロナワクチン効果についてご紹介しています。 コロナワクチン効果が持続する期間が短いことが問題視 され始めています。 ・コロナワクチン効果現状と課題 ・コロナワクチン効果持続は性別で差がある? ・コロナワクチン効果持続は年齢で差がある? ・コロナワクチン効果持続させる方法3選 紹介しています。...

 

アストラゼネカ製ワクチン概要

作用方法

本剤接種により遺伝子がヒトの細胞内に取り込まれると、この遺伝子を基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、SARS-CoV-2による感染症の予防ができると考えられています。

引用元 厚生労働省

接種対象者接種日に原則満40歳以上。特に必要な場合は18歳以上接種も可能
接種方法上腕の筋肉に筋肉注射
1回目2回目接種期間1回目接種から4週〜12週あけて2回目接種。8週あけるのが理想。
懸念事項海外でワクチン接種後に血栓ができる事例が報告

参考 厚生労働省

 

アストラゼネカ製ワクチンは海外で先行して接種されていましたが血栓が起こりやすいという理由から日本国内では導入遅れ。

 

ファイザー製ワクチンモデルナ製ワクチンの供給量が足りない懸念からアストラゼネカ製ワクチンも40歳以上で接種開始となっています。

 

アストラゼネカ製ワクチンの有効性、安全性

有効性70%の発症予防効果
免疫効果期間2回目接種後15日以降から十分な免疫確認
主な副反応接種部位の痛み、頭痛、関節痛、倦怠感、寒気、発熱、疲労など
副反応の特徴1回目接種で副反応が強くでる傾向。2回目接種後の副反応は軽い
重大な副反応ショック、アナフィラキシー、血栓症、ギランバレー症候群など

参考 厚生労働省

 

アストラゼネカ製ワクチンの特徴としては有効性が70%とファイザー製・モデルナ製ワクチンよりも低い。(2剤は90%以上)

 

オックスフォード大学の報告ではアストラゼネカ製ワクチンは2回目接種後の抗体保有率は90%以上。3回目接種(ブースター)することで他2剤のワクチン接種後より予防効果は高いという報告がある。

 

副反応に関しては1回目接種後の方が2回目接種後よりも強くでるのも他の2剤にはない特徴ですね。

 

副反応の特徴で気になるのが血栓症が他の2剤には報告がないので注視が必要です。

 

アストラゼネカ製ワクチンを含むリアルワールドデータ【オックスフォード大発表】

イギリスのオックスフォード大がコロナワクチンのデータを新たに発表してます。

 

研究チームは、英アストラゼネカ、米ファイザーとモデルナがそれぞれ開発した3種類のワクチンを接種した英国居住の約75万人について、調査を実施。優勢になった変異株の「アルファ株」と「デルタ株」に対するそれぞれの有効性を比較した。

引用元 Forbes

 

上記のリアルワールドデータ結果を要約すると下記になります。

 

  1.  デルタ株への1回目接種ではモデルナ製ワクチンが1番有効性が高い
  2.  ファイザー製とアストラゼネカ製は1回目接種後4~5ヵ月後は有効性は変わらない
  3.  3製剤ともに自然感染と同程度の免疫を獲得

 

デルタ株に対してモデルナ製ワクチンが有効性高い

ワクチン接種1回目の結果ではモデルナ製ワクチンが1番有効性が高かったようです。

 

接種した対象者の年齢も若かったことも影響を与えている可能性は指摘されている。

2回目接種の比較データはなし。

 

ファイザー製、アストラゼネカ製ワクチンは有効性は4.5ヵ月後は同程度

当初はファイザー製ワクチンの有効性が高いと思われていたが抗体減少スピードが早かったようです。

4.5ヵ月後になると同程度だったという報告。

 

3製剤ともに自然感染と同程度の免疫獲得

3製剤ともに自然感染者と同程度の免疫は獲得できたようです。

 

コロナに感染して苦しむよりワクチン接種してあらかじめ予防しておく方が良さそうですね。

 

アストラゼネカ製ワクチン接種した体験談

 

①イギリスで接種した体験談

当日は少し腕が重く、翌日から倦怠感と微熱は出たものの、指示された鎮痛剤を飲めば仕事に支障が出ない程度であった。

引用元 大和総研コラム

 

②日本国内で接種体験談

 

③日本国内で接種体験談

 

日本国内ではアストラゼネカ製ワクチンは接種が開始したばかりですので今後の情報を集めていく必要があります。

 

アストラゼネカ製ワクチンによくある質問

血栓症が報告されていますが問題ないですか?

アストラゼネカ製ワクチン接種後の血栓症は報告されています。適切な診断と治療法もあります。

血栓症の報告は接種後1ヶ月の間に報告されています。特に若い女性で多く報告が上がってます。

厚生労働省

血栓症になった場合の治療法はありますか?

アストラゼネカ製ワクチン接種後の血栓症治療法は一般的な治療法とは異なるようです。海外で治療法が確立されてきていますので専門医の判断のもと治療になります。

現在専門医学会において治療の手引きがまとめられているところです。

厚生労働省

ファイザー製、モデルナ製ワクチンで血栓症報告はありますか?

現在のところ2剤においては報告はあげられておりません。

厚生労働省

 

アストラゼネカ製ワクチン接種のまとめ

アストラゼネカ製ワクチン接種は日本国内では40歳以上ですので特別な事情がない限り20代は打てません。

 

特に若い女性は今のところアストラゼネカ製ワクチンは回避しておく方が無難。

 

今回のオックスフォード大発表のようなデータがどんどん出てきますので注視していく必要があります。

 

3回目接種(ブースター)や3回目は1.2回目とは違うワクチン接種した方が良い⁉︎など情報が出てくるでしょう。

 

ワクチン接種の効果や副反応、原因不明の死亡例など悩ましいことが多いですが最終的に自分で選択できるときのために正しい情報を集めておきましょう。

 

ファイザーワクチン調査結果
【公表データの意味】ファイザー製ワクチン接種者と偽薬接種者の死亡率が同じ!20代が考えることファイザーワクチンに関する試験結果が発表になりました。その試験結果について情報発信。 ・ファイザーワクチン試験概要 ・ファイザーワクチン試験結果に対する専門家の反応 ・ファイザーワクチン接種体験談 紹介しています。...
モデルナワクチン接種後に2人死亡
モデルナワクチン接種の2人が死亡、因果関係不明を調査へ。20代が最低限死亡リスク回避する方法3選モデルナワクチン接種後に2人死亡した報道から 20代が気をつけておくことを情報発信しています。 ・モデルナワクチン接種後に2人死亡経緯 ・モデルナワクチンと死亡に因果関係不明 ・モデルナワクチンから20代がリスク回避する方法 紹介しています。...
コロナ病床確保要請
厚労省と都、病床確保を要請へ 拒否すれば病院名公表!20代が考える日本の問題3選厚労省と東京都がコロナ病床確保要請を発表しました。 拒否した病院は病院名を公表するというペナルティつき。 ・コロナ病床確保要請の経緯 ・東京都コロナ感染者推移 ・東京都ワクチン接種率 ・コロナ病床確保要請から20代が考えること 紹介しています。...
沖縄クラスター発生コロナ感染者64人死亡
沖縄の病院、クラスターで64人死亡…患者と職員計196人感染!20代が考えるべきこと沖縄県のうるま記念病院でコロナ感染者64人死亡から 考えていきます。 ・コロナ感染者64人死亡の経緯 ・なぜ沖縄県は感染爆発している? ・沖縄旅行の口コミ 紹介しています。...
『イッテQ』スタッフが『24時間』直前に大人数BBQ、参加者コロナ感染も公表せず
『イッテQ』スタッフが『24時間』直前に大人数BBQ、参加者コロナ感染も公表せず世界の果てまでイッテQ!スタッフが緊急事態宣言中 10人でBBQ開催。 ・世界の果てまでイッテQスタッフコロナ感染経緯 ・世界の果てまでイッテQとは ・イッテQスタッフコロナ感染を隠蔽 紹介してます。...

 

ABOUT ME
転職CAFEメンバー
転職CAFEを自遊人パパ・チカ・アタルの3人で運営しています。20代向けにキャリア情報・転職情報・資格情報を発信