転職面接

【転職面接対策】よくある質問おすめ回答6例(テンプレートあり)

転職をしたい企業があるんだけど面接が苦手でどんな対策をしたらいいんだろう?
面接ではどんな質問をされるのかな?正解の答えを知りたい

 

予想もしていなかった質問をされてあたふたした自分を想像しただけで嫌な汗がでそうですね。

この記事を読み終わったら

どんな会社の面接に行っても怖くなくなります!

今すぐにでも辞めたい会社からも抜け出せます!

給料も上がります!

そんなワクワクをイメージしながら最後まで読んでみてくださいね

転職で面接官から聞かれる質問とは?

・履歴書・職務経歴書に書いてある内容に間違いがないのか

・文章ではなく言葉としてわかりやすく伝えることができるか

・履歴書・職務経歴書ではわからない受験者の人間性を知りたい

履歴書・職務経歴書に書いてある内容に間違いないのか

・目的は書いてある内容は本当に正し事が書いてあるかの確認です。間違いがなければいいのですが嘘の内容が書かれている可能性もあります
自分の口で伝えてもらう事でボロが出てしまうこともあります

・受験者の緊張確認です。受験書類の内容質問は面接の最初に聞かれることが多いので受験者が緊張しているか緊張していないかを把握する意味もあります。

あなたにもそんな経験ありませんか?

緊張している時ほど簡単な答えもできなくなる可能性があるからです。

受験者が緊張する事が多い人なのか何事にも動じない人なのかを判断する材料としても使えます
もう一つは簡単な言葉を発してもらって緊張をほぐして普段の人柄をみたいのもあります

文章ではなく言葉としてわかりやすく伝えることができるか

論理的に話ができるかを確認する為です

仕事は営業はもちろんのこと事務員でも話がわかりやすくないとスムーズに進みません。

余計なミスもおこりやすくなります

履歴書・職務経歴書ではわからない受験者の人間性を知りたい

当然、しゃべり方は人間性がすごくわかりやすく出ます。

おっとりした人、ハキハキして気持ちいい人、本気で受験してきている人なのか

感じがいい人なのか悪い人なのかで自分の会社の雰囲気と合うか合わないかの判断もしやすいですね。

 

面接官が聞いてくる質問を分析してみる 【テンプレートあり】

全社共通質問

自己紹介

ポイント
要点だけを1分程度で伝えるようにします
今まで経験してきたキャリアを簡単に伝えるイメージです。(応募先の企業で活かせそうな内容に限ります)

OK回答
①名前を名乗る

○○と申します。

②現職orこれまでの経歴を話す 

現職では○○を販売する営業を○○年従事してまいりました。(受験先の企業で活かせる経歴)

③経験した経歴の成果を話す 

その○○年の中で営業数字は○○年計画達成という実績を残してまいりました。○○年には社内表彰も受賞

④成果を出せた要因

計画達成に向けて○○を企画し実行してまいりました。
⑤締め

今後は御社でこれまで得た経験の○○を活かせると思い応募させていただきました。

基本的なテンプレートこんな感じになります。

 

職務経歴

ポイント
・受験先企業で活かせる経歴をメインで話す
・自己紹介で抽象的な表現にした内容を具体的に(数字などを入れる)話す
・時系列にダラダラ話をしない

OK回答

①経験職種と年数を伝える

私は1社目で営業〇年、2社目で営業と営業企画を〇年経験してまいりました。

②経験の中での具体的な成果

1社目での営業では計画達成率全国〇位 2社目では○○のプロジェクトを立上げ社内表彰を受賞しております

③成果を上げた要因

仕事をするうえで常に顧客目線を意識することをモットーにしております。早期にニーズを把握し顧客の課題を解決してきました

④締め

今後はこれまでの経験で得た傾聴力を活かし顧客ニーズを把握し御社の業績拡大に貢献致します。

 

退職理由

ポイント
・前向きな事を理由にする (人間関係や労働時間が要因などは避けるのが無難)
・自分の実現したい事が前職ではできず当社ではできる事を伝える
・収入面に関しては伝えても問題はない (収入アップの転職はキャリアップにもつながり前向きになる)

OK回答

①現職で得た経験  

現職では幅広く多数の商品を取り扱った営業をしてまいりました。その中で顧客ニーズにあった商品を的確に提案するスキルを得ることができました

②気持ちの変化

その仕事の中で○○の分野に非常に興味を○○の理由でもちました。その分野でより専門的な仕事をしたいと思うようになりました

③今後の展望 

今後は○○の分野の専門性を身に付けより顧客のニーズに寄り添った仕事をしていきたいと思います。
(その仕事が御社で実現できるという事も伝えるのもあり)

 

志望動機

ポイント
・論理的に伝える事が重要
・企業分析をし企業の強みと弱みは何かを間違えないようにする
・現職では実現できない理由があればなおよし

OK回答 テンプレート

①志望理由の結論を伝える

現職での○○の経験を活かし御社の強みである○○事業に携わる事で御社へ貢献できると思い志望しました。

②志望理由の根拠を伝える 

現職で○○の経験をし○○のスキルを身に付けてまいりました。その○○のスキルが御社の強みである○○事業で活かせると思ったからです。

③今後の展望 

現在経験して得ることができた○○スキルをより御社に入社後も磨きながら並行して○○のスキルも身に付けたいと考えております。そうする事で御社の○○に早期に貢献できると考えているからです。

 

長所・短所 強み・弱み

ポイント
・志望している職種にあった長所・強みをアピール
・面接で重要視されるのは短所・弱みです(弱みをいかに改善しようとしてきたか)
・長所・短所ともに具体例を示すことが大事

OK回答 テンプレート

①長所を簡潔に伝える

私の長所は何事にも積極的に取り組むことができるところです。

②長所が活きた成果

この積極性を活かし飛込営業も積極的に実施し1年間で○○軒新規契約をとることができました。

③短所を簡潔に伝える

私の短所は集中するとまわりが見え難くくなることです

④短所の失敗エピソード 

お客さんへの提案方法は○○だと思い一生懸命提案をしました。しかし○○をお客さんは求めておりギャップが生まれていました

⑤短所を改善する努力

自分の信念も大事にはしていますが上司・同僚からの意見も取り入れ柔軟に提案できるよう心掛けています。

 

キャリアプラン

ポイント
・自社で実現できそうなキャリアプランを伝える
・キャリアプランがある程度現実的なことを伝える
・面接官は向上心を持って仕事をしてもらえるかをみている

OK回答

①期間を明確にし具体的な成果を伝える

現在の○○のスキル・経験を活かし○○年で○○の結果を残します

②長期的なプランを伝える

その結果を残すことを短期的に目指しながら長期的には○○のポジションを目指したいと思います。

③長期的なプランで今自分に足りないこと

その為には現時点では○○のスキル経験が足りないので○○を学びながらスキルアップを考えてます

ここまでがどこの企業での面接でも共通して聞かれる質問です。

基本的な部分なので最低限抑えておく必要があります。

テンプレート通りに分解しながら自分の考えを当てはめていくと丸暗記にもならず緊張した状況でも論理的に話せますのでぜひ活用してみてください。

 

【実体験レポート】深堀質問対策

上記ではメイン質問に対して一つの回答をしてきましたが実際の面接ではメイン質問からの深堀質問をしてきます。

面接官としては受験者が事前準備していた回答だけを聞いていても受験者の本質がわかりません。
そこで深堀質問です

その深堀質問まで対策をしておけば何も心配することはありません

僕の実体験を元に書いていきますね

【実例】自己紹介 深堀質問

1社目を志望した理由は?

受験者の企業選びの基準に一貫性があるのかないのかを判断する為に聞いてきます。
一貫性があるが一番ベストですが考え方に変化が生まれたという理由が前向きであれば問題ないです

1社目で嫌なことはどんなことがありましたか?

転職理由の一つが今の会社で嫌な事があったからなのかを探る質問です。
嫌な事があってもそれを解決するスキルをもっているのかも知りたいのです。
(上司・同僚とうまくやれるかどうかの判断材料にもつながります)
当社でも同じようなことがあっても長く仕事を続けてくれるかの判断

大学時代の話も聞かれることがある

中途入社の場合大学時代は関係ないと思いますが大学時代の話を聞いてくることがあります。

大学時代の専攻は?楽し思い出に残っていることあるか?など

想定外の質問をしてどんな答えをするのかという対応能力の判断をみている可能性もあります。
ある程度心の準備はしておく方がいいと思います。

【実例】職務経歴 深堀質問 (営業の場合)

直近1年間の営業数字を教えてください

営業数字にストイックな優秀な人であれば頭に入っていて当然のことです。
それを確かめる為の質問です。(大まかでも計画数字と達成率ぐらいは答えられるようにしておきましょう)

計画に対して営業数字が悪い時期があればその理由は?

営業数字が悪い時期の要因を明確にしてそれに対してどのような取り組みをしたかを知りたい為です
仕事してからずっと営業計画達成している人であればこの質問はないと思いますがもし数字が悪く
なった場合あなたはどうしますか?という質問はありえます。

苦手な顧客がいた場合どういう風にその人と仕事をしてきましたか?

コミュニケーション能力を判断する質問です
社外・社内どこにでも苦手な人はいます。その場合どのように対処するかを知りたいわけです

成功例・失敗例を教えてください

定番の質問です。成功例も重要ですが失敗例がより重要視されます。

具体例を職務経歴書に記載している1つだけでなく3つずつ準備しておく必要があります。
1つ答えても他にありますかと聞いてくる時があります。

【実例】退職理由 深堀質問

退職理由を解決することはできなかったのですか

退職理由にもよりますが、自分のキャリアや環境を自分の力で切り拓く力があるのかを確かめたい

仮に弊社に入社してもらった後に○○さんの希望に添えない場合どうされますか

嫌な質問ですよね。入社希望の熱量を確認したい場合や困った質問をした場合にどう機転を利かして
コメントを言えるのかというスキルをみています

【実例】志望動機 深堀質問

当社の弱みはどこだと思いますか

受験者は受けた企業の良い事を並べます。ホームページをボーッと見ただけだと良い事しか書いてないので
良い事はいっぱい出てきます。
より詳しく企業分析したかを確認し入社希望の熱量を確認する為です

当社には○○という主力商品がありますがこの商品を○○の様なお客さんにあなたはどう売り込みますか

企業分析していれば主力商品のある程度の知識を勉強してきているハズです。その確認

営業スキルがどれぐらいあるものなのかを確認

競合企業も募集をしていますがそちらの会社ではなくなぜ当社に募集したのですか

本当は募集していなかった場合は、受けたい企業があれば競合企業も調べるぐらいの情報収集能力を確認

実際に募集していた場合は、競合社との違いを理解しているのか・当社への入社熱量を確認

【実例】長所・短所 強み・弱み 深堀質問

他人からはあなたはどんな長所・短所と言われますか

自分が言った自己分析と整合性のある回答が必要です。自己分析と他人からよく言われる内容がチグハグだと

自己分析の信ぴょう性が薄くなりドツボにはまります。気をつけてください

【実例】キャリアプラン 深堀質問

あなたのキャリアプランに向けて何か努力していることはありますか

口だけのキャリアプランは言えますがその信頼性を確認するための質問です。
具体的な行動を準備しておきましょう。

今までリーダーなどの経験はありますか?

キャリアプランを管理職と答えた場合はリーダー経験は聞いてきます。
経験がない場合はなぜリーダー経験がないのですか?など深堀してくる可能性が
ありますので準備必要です

以上が僕が実際に経験した深堀質問です。

この深堀質問にはある程度の正解はあると思いますが会社によって欲しい人材像がありますので

それに合わせて答えるのがベストです。

まずはどんな質問が来ても安心して答える事ができるように自分で想定質問を考えて事前準備が重要です

まとめ

・メイン質問に対してはテンプレートのように分解して作成

・メイン質問に紐づけした深堀質問も想定し準備

・業界分析 企業分析 自己分析をしっかりと行い頭の中で整理する

これだけしっかりとした準備をしていてもいざ面接本番となると全員が緊張します。

極端に緊張してしまうとあなたの良さがまったく発揮できないこともあります。

それだとめっちゃもったいない

それを解決する為に各種質問のテンプレートにあなたの考えを当てはめて声に出して練習を繰り返してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

退職の方法
【5分で解説】うまく退職する方法はある?新卒〜パートまで対応うまく退職する方法は少しのコツが必要です。 新卒からパートまで退職理由・伝えるタイミング を工夫するだけで円満退職に近づきます。 体験談をもとに完全解説。...
ABOUT ME
転職CAFEメンバー
転職CAFEを自遊人パパ・チカ・アタルの3人で運営しています。20代向けにキャリア情報・転職情報・資格情報を発信