退職代行サービス

退職代行使ったその後が不安?3ステップで不安を解決!体験談あり

退職代行その後
悩んでいる人
悩んでいる人

退職代行を使ってみたいけど使ったその後どうなるか心配です。

 

今回は上記のような悩みを解決していきます。

 

今回の記事は転職CAFEメンバーのチカが担当します。

チカのプロフィール

 

“チカ”
“チカ”

わたしは1度退職代行を使って辞めたことがあります。正直なところ退職代行を使って後悔したことはありません

罪悪感も数日でなくなりました。

 

退職代行を使ったことがないあなたにとってはまだ得体の知れないサービスですよね?

退職代行は年々利用者が増えてきているとはいえあなたのまわりにも使った人がいないかも知れません。しかも、「退職代行を使って辞めた」とガンガンまわりに言う人もいません。

なぜなら、下記のようなことを言われることがあるからですね。

 

“チカ”
“チカ”

わたしも退職代行を使う前は上記のようなことを恐れていましたが今では1人1人背景が違うので全員を非難するのは時代遅れだなと思います

 

ぜひ、今あなたが退職代行を使って辞めようかどうしようか悩んでいるなら今回の「退職代行を使ったその後」について最後までお読みください。

あなたにとって明るい未来に進めるヒントになりますよ。

 

退職代行利用したらその後どうなる?【退職代行実行〜退職】

退職代行その後

退職代行を使ってみたいけどその後、実際どうなるかをご紹介。

結論から言うと、退職代行に申込みが完了したら後は退職代行担当者からの代行完了報告をスマホとにらめっこしながら待つだけです。

どこの退職代行を利用してもほぼ同じような流れです。

 

“チカ”
“チカ”

わたしは労働組合運営のSARABAを利用しましたが特にわたし自身が辞める会社側に対応しないといけないことはありませんでした。

1回だけ会社からの着信がありましたが無視して退職代行担当者に会社に直接電話しないよう再度伝えて欲しいと依頼した程度です。

 

退職代行を利用して退職するまでの流れ

  • STEP1
    申込み

    公式サイトから申込み(LINEでできる)

  • STEP2
    疑問点を退職代行へ確認

    疑問/不安に思っていることを全部聞いて下さい。

    • 退職失敗することあるのか?
    • 退職代行実行日は指定できるか?
    • 自分が会社と何かやりとりすることあるか?

    上記のようなことを私は聞きました。

  • STEP3
    料金支払い

    SARABAは前払いなのでクレジットカードで支払い。振込みでも支払いできるので心配いりません。

    24,000円なので手元に準備しておきましょう。

  • 情報シート提出

    支払い確認後に退職代行に最低限の情報収集をされます。

    LINEに回答シートがきますので記入して返信。

  • 退職実行

    あなたと打ち合わせさかた日に退職代行を実行してくれます。あなたが何かすることはありません。

    もしかすると驚いた上司から着信があるかもですがスルーしましょう。

    わたしのときは1度着信があったくらいです。

  • 退職手続き連絡

    退職代行から退職届などの必要書類作成依頼がきます。(難しい書類作成はありません)

    会社から貸与されている返却物を準備して辞める会社に郵送して終わり。

    引継ぎ書を作成しろとまで退職代行利用された会社がわざわざ言ってくることはありません。もしあなたが引継ぎ書作成していれば一緒に郵送してもOK

    私は引継ぎ書も一緒に郵送しました。(ゴミ箱に直行したかもしれませんが)

 

退職代行担当者が辞める会社側とすべて対応してくれる

退職代行に関しては依頼者(あなた)が辞める会社側と直接やり取りすることはまずありません。

会社側からあなたのスマホに着信やメールがあるかもしれませんがあなたが対応する必要はなしです。

退職届を作成し郵送したり貸与物を返却する対応や辞める会社側から記載を求められた各種書類などを記載し返送する程度です。

 

上司・同僚から連絡は基本的にない

わたしが退職代行利用して辞めた会社からはその後一切連絡はありませんでした。

退職代行は基本的にあなたの会社の本社(人事部)に連絡を入れて退職の話をします。そのため、現場にどのように伝わっているかは本社人事部次第。

直属の上司には退職代行利用して辞めたとは耳に入ります。しかし、それを職場の同僚にそのまま伝えないでしょう。

なぜなら、退職代行利用して簡単に辞めれるんだと知られるリスクがあるからです。

 

“チカ”
“チカ”

わたしは退職して1年後ぐらいにたまたま辞めた会社の同僚に遭遇しましたが「家庭の事情で急に退職したって聞いてたけど大丈夫?」と言われました。

あなたが仲良くしていた同僚がいればあなたの方から退職後に連絡をしてみるぐらいになると思います。

万が一、退職代行を使って辞めたことが元同僚などに伝わっていたとしても退職した後のあなたにとってはほぼ影響はありません。

 

退職を同僚に言わない
退職を同僚に言わない方がいい?会社や上司が口止めする理由2選退職をすると決まってから周りの同僚には言っていいのかダメなのかについて情報発信しています。 ・退職を伝えるのを止められる理由 ・退職伝える許可が出てからの伝え方 ・退職するときはトラブルなく辞める 紹介しています。...

 

有給休暇は労働者の権利なので絶対に消化

あなたに有給休暇が残っていない場合は仕方ないですが有給休暇が残っている場合は最後に有給休暇を消化しましょう。

退職代行を実行してから法律上最短で退職日は14日後になります。その間は有給休暇を消化にしたり会社と合意の上での欠勤扱いになります。

一般企業の退職代行であれば有給休暇の消化の話を会社側にしてくれます。弁護士法人や労働組合運営退職代行であれば会社側が拒否してきた場合の交渉もできます。

 

会社側から送られてくる書類を確認

退職したあとに1ヶ月程度で下記3点が辞めた会社より郵送されてきます。

 

  • 離職票
  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者証

 

離職票は失業保険もらうときには必要ですがすぐに次の会社が決まっている場合必要ありません。

そのため個人で通常通り退職をすると嫌がらせで離職票だけ送ってこない会社もあります。

 

自遊人パパ
自遊人パパ

新卒で退職した会社は離職票だけ郵送してこなかったのでわざわざ手紙書いて催促しました(怒)

 

しかし、退職代行を利用して辞めると会社側も不正をすると退職代行会社から指摘されるのも嫌なのでしっかり対応する傾向にはあるようです。(人事部の知り合いに聞きました。)

源泉徴収票、雇用保険被保険者証は次の会社への提出がありますので捨てないでくださいね。

 

退職代行非常識
退職代行は非常識?6ヶ月で辞めた経験者が感じた体験談を公開退職代行は非常識ではない理由をご紹介。 ・退職代行は非常識と言われる理由 ・退職代行を使ってサクッと辞めるのが普通になる ・いきなり退職届を送りつけるのは非常識 ・退職代行を選ぶコツ 紹介してます。...

 

退職代行利用したらその後どうなる?【退職日〜転職】

退職代行を使って無事に退職日を迎えたその後についてご紹介してきます。

退職日を迎えたその後は転職先が決まっているか決まっていないかの2パターンでご紹介します。

  1. 転職先が決まっている
  2. 転職先が決まっていない

 

転職先が決まっているパターン

  • STEP1
    各種手続き

    転職先がすぐに決まっている場合は個人でする手続きはほぼありません。保険証・年金などの変更手続きも次の会社がしてくれます。

  • STEP2
    部屋探し

    転職先で働くにあたって引っ越しが必要な場合は部屋探しを入社日までにします。会社によっては契約をしている住宅サポート会社や引っ越し業者がありますのでそちらを利用しましょう。

  • STEP3
    入社日

    新しい会社に入社する日には心機一転仕事を頑張りましょう。

  • 転職エージェント/転職サイトで転職市場確認

    転職したばかりで転職を考えるのは早いかもしれませんが常に転職市場の状況は把握しておいて損はありません。特に20代なら転職しながらキャリアアップや年収をあげる必要があるからです。

  • 資格取得/副業も考えよう

    転職したばかりの時期は難しいですが6ヶ月〜1年程度経つぐらいで仕事で役に立つ資格取得の勉強や副業で何かできないか情報収集をしておくことをお勧めします。

    わたし達、転職CAFEメンバーは転職に有利な資格取得や副業を積極的に実践しています。

    目先の収入にもつながるのはもちろんですが心の余裕が生まれるというメリットがあります。

転職先が決まっていないパターン

 

退職代行利用してもその後の転職は不利にはならない

退職代行その後

退職代行利用してからの心配ごとの1つに転職活動への影響がありますよね?

 

  • ローンのブラックリストみたいな感じで登録されるんじゃないか
  • 転職先に正直に伝えないとバレたら懲戒解雇されるんじゃないか
  • 退職代行利用して辞めたとかイメージ悪いなぁ

 

上記3点で心配しました。

ブラックリストみたいなものはありませんし転職先に正直に伝える必要もなし。仮に正直に退職代行利用して辞めたと伝えたら面接官の印象は確かに微妙です。

懲戒解雇は履歴書に記載する必要は必ずしもありませんがバレる可能性もあります。

退職代行は関係ありませんので余計な発言はしないでOKです。

 

20代転職エージェント
【厳選比較】20代向け転職サイト・エージェント15選20代で転職エージェントを使う理由をご紹介します。今よりも良い転職先を見つけたいなら利用は欠かせません。利用方法など分かりやすく解説しています。 ...
退職代行嫌がらせ
退職代行使うと嫌がらせある?想定される嫌がらせ7選!退職代行を使って辞めると嫌がらせを受けそうで怖いと悩んでいるあなたに向けて情報発信しています。 ・退職代行を使って嫌がらせを受けること8選 ・退職代行を使わずに嫌がらせを受けること7選 ・総合的に退職代行を使って辞めた方がストレスなし 紹介しています。...

 

懲戒解雇だけは避けよう

履歴書の記載は刑事罰を書くという意味合いなので無断欠勤の懲戒解雇は関係はありません。

それでも転職先の会社が離職票の提出を求めてきた場合は「重責解雇」と書かれているのでバレます。

(離職票提出拒否もできますが拒否する=後ろめたいことある⁉︎となりますので社内でのブラックリスト入りしますよ)

そういう意味からも仕事辞めたいときは無断欠勤やバックれるよりかはリスクの少ない退職代行利用しましょう。

 

仕事ばっくれる
仕事バックレやばい?やばい理由4選!バックレ体験談とその後を暴露仕事をバックレて辞めたいと思っている方へ解決策をご紹介します。 ・仕事バックレるデメリット・仕事バックレずにすむ方法・退職代行サービス・転職エージェント活用方法をご紹介...

 

転職先決まった後に退職代行利用しても問題なし

当たり前ですが既に転職先が決まってから退職代行利用して辞めても別に転職先にバレません。

古い考えの管理職は、どこの会社にもいますのでバレないことにこしたことはありません。

入社後に飲み会などでポロッとネタとして言うのはNGですので気をつけましょう。

 

退職代行を使ったその後の不安解消!3ステップで解決

退職代行その後

退職代行を私は実際に利用してよかったと思います。

もちろん、直接上司に「辞めます」と伝えるだけでスムーズに辞めれるなら無料で済みます。

しかし、私は退職伝えるストレスを0にすることが自分の心身には第1優先だと思ったので利用しました。

その時に、どの退職代行を利用したらいいのか悩みました。色んな退職代行サービスがあります。

そのため、あなたの状況にあった退職代行を選ぶこと!有給休暇残日数確認!会社への返却物/違約金!を確認しておきます。

 

  1. 退職代行を目的にあわせて選ぶ
  2. 有給休暇の残日数を事前に確認
  3. 会社への返却物・違約金を就業規則で確認

 

退職代行を目的にあわせて選ぶ

  1.  有給休暇使いたい
  2.  退職代行成功してから支払いたい
  3.  とりあえず安く利用したい
  4.  高額でもいいので確実に辞めたい
  5.  ハラスメントなど訴訟したい

ほぼ上記5つの中から選ぶことになりますね。

ちなみに、わたしは有給休暇を取得したかったので①の有給休暇取得交渉できる退職代行にしました。

 

有給休暇を取得して辞めたい

有給休暇取得して辞めたいなら会社側と交渉できる①労働組合運営退職代行②弁護士法人のどちらかを利用しましょう。

有給休暇取得には少なからず会社側との交渉がありますので上記2社を選ぶと安心です。

 

退職代行成功してから料金支払いたい

退職代行が成功してから退職代行料金を支払いたいという気持ちがありますよね。

退職代行でも料金後払い制を導入している退職代行もあります。

例えば、「男の退職代行」「わたしNEXT」は料金後払い制を導入しているので退職代行が完了してから安心して支払いができますよ。

 

後払い退職代行
後払いできる退職代行4選!すぐにお金が準備できないときの強い味方退職代行料金がすぐには準備できないし前払いするのは不安というあなたのために情報発信していきます。 ・後払い制の退職代行の仕組み ・後払い制のおすすめ退職代行4選 ・後払いの退職代行よくある質問 紹介しています。...

 

とりあえず安く退職代行料金を済ませたい

退職代行料金にあまりお金を使えない場合は一般企業の退職代行を使いましょう。

労働組合運営でもなく弁護士法人でもない一般企業退職代行だと料金は安い場合があります。

料金が安いかわりに会社との交渉権はないので注意が必要。

 

高額でもいいので確実に辞めたい

料金関係なく確実に自分に有利に辞めたいなら弁護士法人運営退職代行1択。

なぜなら、退職代行を法律のスペシャリストがしてくれるからです。退職代行の連絡を受けた会社側も弁護士となれば下手なことは出来ません。

すべての交渉から訴訟までできますのであなたにとって間違いなく有利に話を進めることができます。

 

ハラスメントを訴えたい

辞めると並行してハラスメント関連も訴えたい!なら弁護士法人運営退職代行を利用しましょう。

ハラスメントによってうつ病になり通院代も請求して辞めたいときなど対応できます。退職代行料金は高くなりますが思い残すことなく辞めることができますよ。

もしあなたがハラスメントするような上司を潰してやりたいなら上司を潰す方法4選!合法的にやっつける読んでみて下さいね。

 

有給休暇の残り日数を確認

有給休暇は労働者の権利ですので必ず取得して休んだ方がいいです。

退職代行でも有給休暇取得交渉をしてくれますが事前に残日数を知らないと話がスムーズにいきません。

これまで有給休暇あんまり使ったことなくて確認方法がわからない。その場合は下記の方法で確認できます。

  • 勤怠入力画面に表示されてる
  • 給与支払い明細書に書いてある(電子版)
  • 本社人事部に問い合わせる

上記でだいたいわかります。

 

会社への返却物/違約金

ほとんどの会社が就業規則の中や個別契約書に貸与物の扱いや違約金について記載してます。

例えば

  • 貸与物の破損は使用者が弁償
  • 引っ越し代、家賃関連の何%を返還

私の辞めた会社の就業規則には記載されてました。

退職代行サービスも上記の内容までは違法ではない限り交渉は無理です。

 

“チカ”
“チカ”

わたしの場合、PCの予備のバッテリーの返却を求められましたが「貸与されてない」と反論したことがあります。

(実際に貸与されたチェックリストにサインもしてませんでしたし見たこともなかったからです)

 

結果的に弁償はしなくて済みました。

あなたの中で弁償はおかしいと思うことはきちんと主張するべきなので事前に確認しておきましょう。

家賃関連の返還は拒否したことはありませんがもし拒否したいなら退職代行を利用するときには弁護士法人運営の退職代行を利用してみましょう。

申込み前に無料相談してみるのはありですよ。

 

退職代行を使って退職金
退職代行を使って退職金はもらえる?使う前に確認すること2選退職代行を使っても退職金をもらえるのか悩んでいる あなたに向けて情報発信しています。 ・退職代行使っても退職金はもらえる ・退職金とは ・退職金をもらう為におすすめ退職代行 紹介しています。 ...

 

 

【体験談】退職代行使ったその後を安心して過ごす方法

退職代行その後 体験談

退職代行は冒頭でお話をしたようにあなた(依頼者)がすることはほぼありません。しかし、退職代行を使う前に準備しておくとより安心できることを体験談をもとにご紹介していきます。

わたしが実際に試した対策を覚えておくことで退職代行を安心して使うことができますよ。

わたしは退職代行を使う前に最悪のリスクを書き出して1つずつ対策を打っていきました。

想定したリスク6選

  1. 退職代行失敗してしまった
  2. 上司/同僚が自宅に押しかけてくる
  3. 警察から連絡がくる
  4. 親に連絡が入る
  5. 損害賠償請求される
  6. 会社側からの嫌がらせ

 

わたしは当時上記6つを退職代行を使う前に想定されるリスクとして想定しました。

上記想定リスクに対してわたしが実際に対策を打ったことが下記になります。

 

想定リスクへの対策6選

 

①退職代行失敗する
  • 退職資金として10万円退職資金を準備 (弁護士・労働組合の退職代行に必ず依頼する)
  • 引継ぎ書を作成 (最低限の誠意を示すことで退職を認めやすい)
  • 直属の上司宛/本社人事部宛に手書きの手紙を作成 (手書きの手紙を作成しいつでも郵送できるように準備。)
  • 退職届を作成し内容証明ですぐに郵送できるよう準備
②上司/同僚が自宅に来る退職代行実行日から2日間ビジネスホテルを予約。その後退職手続きの状況を見ながら自宅から遠いネットカフェで過ごす
③警察から連絡がくる事前に最寄りの警察署を訪れて社員が行方不明になった場合の対応などをリサーチ
④親に連絡が入る親には連絡が入るのを防ぐことはできないので退職代行実行日前日に連絡を入れる。

転職先を決めておくことで安心はすると想定し転職活動の準備をしておく。

⑤損害賠償請求される引継ぎ書を作成し損害賠償請求を回避できるようにする。

貸与物破損などの少額の損害賠償の請求を想定して退職資金として準備

⑥会社側からの嫌がらせ会社側からの嫌がらせは退職代行を使うことで退職まで一切出勤しないので転職先の選び方を工夫。

辞める会社とは関係のない業界・周りには一切転職先は言わない・SNSでも発信はしない

 

上記の6つの対策をわたしなりに準備を進めていきました。

 

実際の結果

①退職代行失敗する
  • 労働組合の退職代行を利用し退職日・有給休暇の交渉を依頼
  • 引継ぎ書を準備していることを退職代行担当者より伝えてもらい話がスムーズに進んだ
  • 直属の上司から着信はあったが無視。退職代行担当者に直接連絡が来ても対応しないことを再度会社側へ伝えてもらった。
  • 直属の上司宛/本社人事部宛に手書きの手紙は話がスムーズに進んだので郵送なし
  • 退職代行の実行報告後に作成していた退職届を内容証明ですぐに郵送
②上司/同僚が自宅に来る退職代行実行日から2日間ビジネスホテルにて宿泊したため会社関係者と会うことはなかった。帰宅後インターホンを確認すると同僚が退職代行実行日の夜に訪問している形跡あり。
③警察から連絡がくる警察からの連絡・自宅訪問なし
④親に連絡が入る親には退職代行実行前日に連絡を入れていたが会社や上司からの連絡はなし。(退職代行担当者からも会社側へ親へ連絡しないよう忠告してもらっていた)
⑤損害賠償請求される貸与物もすべて破損がなかったこともあり損害賠償請求などの話にはならず
⑥会社側からの嫌がらせ会社側からの嫌がらせは特になし。

 

  1. 退職資金を余裕を持って準備 (最低10万)
  2. 退職代行は弁護士・労働組合を利用
  3. 転職先はできる限り決めておく

 

上記3点のポイントを抑えておくことで気持ちの余裕も出ますしよりスムーズに退職することができますよ。ぜひ、参考に。

 

退職代行やばい業者の特徴5選
退職代行やばい業者を厳選した特徴8選!使ったその後を体験談から解説退職代行を使いたいけどやばい退職代行を避けて利用したい。きちんとした退職代行の見分け方を「やばい退職代行の特徴を8個」厳選してご紹介しています。 ...

 

退職代行を使ったその後によくある質問

退職代行その後
退職代行を使った後に嫌がらせはありますか?

退職代行を使った後に会社側から嫌がらせはほぼありません。もし嫌がらせがあるとしても離職票などの書類が送られてこなかったりすることぐらいです。

離職票は退職者から依頼すれば会社側が手続きをしない場合は違法行為になるのでハローワークに相談すると解決します。

 

退職代行を使った後に転職先が退職理由や退職代行を使ったことなど確認されますか?

昔は転職先が前職へ身辺調査などをしていましたが現在はできないようになっていますので転職先が退職理由や退職代行を使って辞めたかはわかりません。

懲戒解雇になった場合だけ転職先にバレる可能性はあります。

 

退職代行を使ったその後懲戒解雇されることはありますか?

退職代行を使ったことだけで懲戒解雇になることはありません。退職は労働者に法律上認められているのでそれをただ代行してもらっただけです。

懲戒解雇になる可能性としては有給休暇が足りずに欠勤が長期間にわたる場合や会社のお金を横領したり背任行為などがあった場合ぐらいです。

 

 

退職代行使ったその後に後悔しない!おすすめ退職代行

退職代行その後

退職代行は複数あります。その中から選ぶとなるとかなり悩みますよね。

結論から言うと、労働組合運営の退職代行を選べば特に問題ありませんよ。

労働組合運営退職代行は会社側と有給休暇などの交渉もできます。また弁護士法人運営退職代行よりも代行料金が安いのも魅力。

ぜひ安心して退職したいなら労働組合運営退職代行にしてみましょう。

 

退職代行「SARABA」

退職代行SARABA評判、口コミ

【公式サイト】退職代行SARABA

労働組合運営の中でおすすめが「SARABA」です。

退職代行実績も申し分ない成功実績があります。料金も25,000円ポッキリと労働組合運営の中でも安価です。

辞める会社側への対応もスピード感があることが評価されており依頼者からの依頼や質問にも迅速に対応してもらえます。

 

退職代行SARABA評判、口コミ
退職代行SARABA(サラバ)の評判は?口コミ5選+体験談あり退職代行さらばユニオンが運営する 退職代行SARABA(サラバ)の評判、口コミ を調査した結果を分かりやすくご紹介しています。 実際の体験談コメントもご紹介しています。...

 

男の退職代行

男の退職代行の評判、口コミ

【公式サイト】【男の退職代行】

男の退職代行はその名の通り男性専用の退職代行サービスです。

男の退職代行も労働組合運営に位置付けられる退職代行ですので会社側と交渉も可能。SARABAと料金を比べると少し高めの設定ですが「サブスクサービス」という業界初の試みをしている魅力的な退職代行です。

退職代行料金後払い制も導入しているのもポイント。

サブスクサービスなどにも興味がある方はぜひ1度相談して見てください。

 

無料相談はこちら

>>>【男の退職代行】へジャンプ!

 

男の退職代行の評判、口コミ
男の退職代行の評判は?利用者の口コミ3選!男性専門の退職代行で確実に退職しよう!男の退職代行を利用しようか悩んでいるあなたに向けて 評判、口コミを情報発信しています。 ・男の退職代行とは ・男の退職代行利用するメリット・デメリット ・男の退職代行評判、口コミ 紹介しています。...

 

わたしNEXT

わたしNEXT評判、口コミ

【公式サイト】【わたしNEXT】

男の退職代行と同じ運営元の女性版です。

女性専用も退職代行ということだけあって退職代行担当者がほぼ女性で構成されています。女性ならではの悩みなども共感してもらいやすく女性にとって利用しやすい退職代行。

料金も後払い制を導入しており注目の「サブスクサービス」もありますので興味のある方はぜひご相談ください。

 

無料相談はこちら

>>>【わたしNEXT】へジャンプ!

 

わたしNEXT評判、口コミ
わたしNEXTの評判とは?利用者の口コミ3選調査を大公開!わたしNEXTの評判、口コミをご紹介します。女性に特化した退職代行ですので女性に寄り添う代行に定評があります。...

 

退職代行を使ったその後は明るい未来が待っている【大きな心配はいらない】

今回はわたしが退職代行を使った体験談も交えながら退職代行を使ったその後についてお話をしてきました。

退職代行を初めて使う場合はドキドキしますし使ったその後が心配だなぁとみんな思います。しかし、正直実際使ってしまうとあっけないぐらい何もなかったりします。

 

“チカ”
“チカ”

あなたがかなり心配性の場合はわたしの退職代行体験談でご紹介した想定リスクからの対策を実践して見てくださいね。

 

今回ご紹介した労働組合運営退職代行以外にもおすすめの退職代行を下記の記事でご紹介していますのでぜひ一読ください。

 

退職代行ランキング
【6月】退職代行おすすめランキング10選!経験者が完全解説退職代行経験者がおすすめの退職代行をご紹介。 退職代行を使いたいけど業者の選び方、料金、など悩んでいるあなたに向けて独自検証した結果をご紹介しています。...

>>>【厳選】おすすめの退職代行5選

退職代行やばい業者の特徴5選
退職代行やばい業者を厳選した特徴8選!使ったその後を体験談から解説退職代行を使いたいけどやばい退職代行を避けて利用したい。きちんとした退職代行の見分け方を「やばい退職代行の特徴を8個」厳選してご紹介しています。 ...
退職代行バックれ
退職代行とバックレはどっちがリスク?バックレたリスク7選退職代行を使うのとバックれはどっちがリスクがあるか 悩んでいるあなたに向けて情報発信しています。 ・退職代行とバックれの違い ・バックれるリスク具体的 ・バックれた経験者の口コミ ・失敗しない退職代行選び方 紹介しています。...
ABOUT ME
転職CAFEメンバー
転職CAFEを自遊人パパ・チカ・アタルの3人で運営しています。20代向けにキャリア情報・転職情報・資格情報を発信