営業職 PR

営業の平均年収はいくら?年齢・性別・地域・営業種類別に紹介します!

営業の平均年収はいくら?年齢・性別・地域・営業種類別に紹介します!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩んでいる人
悩んでいる人
営業の年収っていくら?

わたしは、これまで転職3回以上経験していて営業職の経験もあります。

結論からいうと、営業職は条件が揃えば年収は高い

その条件について下記のようにタイプ別に分けて紹介します。

  • 「営業やってるのに、なんで年収300万ぐらいなの…?」
  • 「高収入が高い営業を目指したい」

と悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでいただきチェックしてみてくださいね。

営業の平均年収を総合的に紹介

結論として営業の年収は、471.2万円です。

厚生労働省doda画像求人ボックス
出典元:job tag出典元:doda出典元:求人ボックス
平均:566.7万円平均:456万円平均:391万円

営業職は、給料が高いイメージがありますが全国平均年収440万円を考えるとやや高いぐらい…。

これって、

  • 営業職の種類によって差がある
  • インセンティブがあるかないかの差がある
  • 企業規模に影響を受ける

のように営業職と言っても上と下の差が大きい職種であることが原因です。

例えば、

  1. 年収1,000万プレイヤー
  2. 年収300万プレイヤー

というぐらい違いが出ます。

“チカ”
“チカ”
他の職種ではない差ですね

高年収だけに釣られて転職したら「とんでもないブラック企業だった…。」なんてこともあります。

「年収+仕事内容+職場環境」を総合的に判断して転職しましょう。

目次へ戻る▶︎▶︎

営業の平均年収をタイプ別に紹介

男女別、年代別、地域別、役職別、雇用形態別、営業職の種類とカテゴリー分けして年収の詳細を紹介します。

“チカ”
“チカ”
自分にとって参考になる情報を見つけてね。

男女別

男女別で見たデータが以下になります。

性別営業年収全体年収
男性486万円342万円
女性391万円259万円

参考:平均年収ランキング(doda)令和4年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

営業職でも男女差が約100万ほどの開きがあります。

実際に男女が同じ仕事内容をやっていると仮定した場合、

  • 男性だけ営業手当がつく
  • 男性だけ成果が出やすい

ようなことは、まずありません!

なので、女性の年収にはパート勤務や時短勤務の年収の影響が大きいと考えられます。

“チカ”
“チカ”
女性の方が出世スピードが遅いとかも今の時代はほぼありません

年代別

営業職の年収で特に注目したいのが年代別の違い。

年代年収
20代387万円
30代514万円
40代598万円
50代686万円

参考:平均年収ランキング(doda)令和4年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

営業職平均年収20代で見ると、経験が浅いために基本給が低めです。

でも、営業職は年齢関係なくインセンティブで収入を大きく伸ばすことが可能だったりします。

一方で、30代以上になると責任のある仕事を任されることが多いので売上も高いなど給料が一気に跳ね上がる傾向。

“チカ”
“チカ”
30代で全国平均年収440万を軽く超えます。

地域別

地域による年収の違いも見逃せません。

都道府県 

年収

都道府県 

年収

都道府県 

年収

都道府県 

年収

都道府県 

年収

都道府県 

年収

都道府県 

年収

北海道375万円茨城県390万円新潟県367万円静岡県383万円奈良県425万円徳島県395万円熊本県386万円
青森県376万円栃木県375万富山県386万円愛知県417万円和歌山県363万円香川県407万円大分県382万円
岩手県377万円群馬県403万円石川県389万円三重県410万円鳥取県349万円愛媛県363万円宮崎県367万円
宮城県382万円埼玉県408万円福井県361万円滋賀県423万円島根県357万円高知県401万円鹿児島県364万円
秋田県381万円千葉県410万円山梨県387万円京都府394万円岡山県399万円福岡県407万円沖縄県355万円
山形県380万円東京都478万円長野県367万円大阪府402万円広島県385万円佐賀県422万円
福島県372万円神奈川県405万円岐阜県441万円兵庫県394万円山口県358万円長崎県370万円

参考:令和4年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

大都市圏では企業の数も多く、様々な業種の営業職があるので年収も高い傾向です。

営業年収No.1は東京で478万円、年収最下位は鳥取県の349万円とその差は129万円

地方では選べる業種や企業が限られます。

営業の高年収を目指すなら都市圏での転職も視野に活動するのがおすすめです。

“チカ”
“チカ”
東京であれば営業の求人も多くてチャンス大

役職別

役職が上がるにつれて、年収も自然と高くなります。

役職年収
役職なし300~399万円
リーダー400~599万円
マネージャー600~799万円
部長800~999万円
役員クラス1,000万円~

参考:転職賃金相場2022

営業マンにおいては特に、役職に応じて担当する仕事の責任範囲が増え、それに伴い給与も上がる傾向に。

営業マン年収1,000万を超える人も、役職が上がり管理職としての業務もこなしながら、高い成果を上げているんです。

“チカ”
“チカ”
役職を上げていくのとは別に、外資系営業に転職しても年収跳ね上がるよ

雇用形態別

営業職は正社員と派遣社員・バイトでは、収入の面で違いが出ます。

雇用形態時給
アルバイト・パート時給1,108円
派遣社員時給1,323円

参考:求人ボックス

正社員は基本給に加えて、福利厚生やインセンティブが充実しているケースが多い。

逆に、契約社員やアルバイト/パートは給与の額や条件が変動しやすいのがポイントです。

“チカ”
“チカ”
営業で高年収を狙うならやっぱり正社員

営業種類別

営業の種類

営業職と言っても、種類が多いので給与に関しても大きな差が出ます。

形態別
種類平均年収
メーカー営業435万円
商社営業425万円
代理店営業423万円

参考:マイナビAGENT 

手法別
種類平均年収
新規開拓営業520万円
ルート営業383万円
テレアポ営業295万円
飛び込み営業600万円
テレコール営業295万円
インサイドセールス491万円
反響営業394万円
カウンターセールス390万円
MR(医薬品情報提供者)518万円

参考:リクナビNEXT 求人ボックス はたらいく インディード

営業職で高年収を考える場合は、歩合制やインセンティブがもらえるような営業職を狙う必要があります。

最高年収は「飛び込み営業600万円」で最低年収「テレアポ/テレコール営業295万円」と差305万円で約2倍違います。

わたしの個人的な理想の営業としては、

メーカー × 法人向け × ルート営業

が、給料もある程度高く毎年の年収の変動が小さく安定しています。

“チカ”
“チカ”
いきなり年収1,000万プレイヤーを狙えませんけどね

目次へ戻る▶︎▶︎

営業と他の職種の年収比較

営業と他の部署を比べてみると、営業職は給料が高いと感じる人が多いです。

職種平均年収
営業439万円
販売/サービス325万円
クリエイティブ374万円
技術(メディカル/化学/食品)386万円
技術(建築/土木)422万円
金融専門職434万円
技術(電気/電子/機械)442万円
技術(IT/通信)442万円
全体403万円

参考:平均年収データ(doda)

※比較しやすように、統一して参照していますので営業職の年収が他比較と変動しています。

営業職は他の職種と比較してもトップクラスの給与です。

企業規模や営業職の形態や手法が違うとより高年収が狙える唯一の職種と言ってもいいですね。

目次へ戻る▶︎▶︎

営業の年収は高い?低い?

結局のところ、営業の年収は「高い」とも「低い」とも言えます。

営業職として年収が高い条件は

  1. 正社員
  2. メーカー営業(法人向け)
  3. インセンティブあり

こういう背景があります。

逆に営業職として年収が低い条件は

  1. 非正規
  2. 利益率の低い商品/サービス営業(個人向け)
  3. インセンティブなし

となります。

営業職を目指すときは、ビジネスモデルと仕事内容から必然と高年収になる求人にチャレンジするのがおすすめ。

逆に、

「そのビジネスモデルと仕事内容で年収〇〇万円ももらえるの?」

という求人に飛びつくのはNGです。

“チカ”
“チカ”
ブラック企業で地獄の営業をさせられるリスクがあります。

目次へ戻る▶︎▶︎

営業の年収を上げる方法

営業は年収を上げるチャンスが他の職種に比べてゴロゴロあります。

でも、闇雲に営業職の求人に応募してもダメです。

実際に年収アップしている人たちの傾向としては、下記のやり方を徹底してました。

  1. 市場価値を明確に把握している
  2. 実務経験をアピールできる
  3. 求人チェックは欠かさない
  4. 評価されるスキルを身につける
  5. 年収交渉する

これらを実行しながら、転職を繰り返して年収UPしていくやり方です。

転職エージェントとして人気のdodaで、「転職して年収上がる・下がるの注意点」が紹介されてます。

“チカ”
“チカ”
年収を上げる正しいやり方を実行すること

目次へ戻る▶︎▶︎

【まとめ】営業の年収は環境によってかなり違う

改めて結論としては、営業の年収は高い

でも、下記の環境によっては差があります。

  1. 男女別
  2. 年代別
  3. 地域別
  4. 役職別
  5. 雇用形態別
  6. 営業種類別

営業で年収を上げるには、とりあえず営業職の求人を受けるだけではうまくいきません。

正しいやり方で転職することが近道。

ぜひ、高収入が狙えるチャンスがある営業職で豊かな生活をしてみてください。

本サイト「転職CAFE」では、20代のキャリアの参考になる情報発信をしています。

他の記事もぜひ参考にして、楽しい20代のキャリアライフを送ってください。

目次へ戻る▶︎▶︎

本記事で紹介した関連記事一覧
営業とは?仕事内容・必要なスキル・向き不向きまで営業経験者が解説!
営業とは?仕事内容・必要なスキル・向き不向きまで営業経験者が解説!「営業とは何か、そのメリット・デメリット、必要スキル、職場での違いなどを詳しく解説した記事です。「営業ノルマが大変」「仕事が忙しい」など、営業の"あるある"も紹介します。 営業未経験の方でも"営業の向き不向き"を理解すれば、辞めたいと思うことも減ります。 本記事を通じて営業の仕事を理解しましょう。」...

 

ABOUT ME
転職CAFEメンバー
転職CAFEを自遊人パパ・チカ・アタルの3人で運営しています。20代向けにキャリア情報・転職情報・資格情報を発信