退職ノウハウ

3日で退職は可能?最短で会社を辞めるには3つの方法がある!体験談あり

3日で退職は可能?最短で会社を辞めるには3つの方法がある!体験談あり

悩んでいる人
悩んでいる人

最短で退職する方法はありますか?3日でも可能ですか?

 

今回は上記の悩みを解決します。

 

執筆者
チカのプロフィール

わたしはこれまで3回ほど転職をしてきましたが行った職場が自分に合うか合わないかがわかるようになりました。

だいたい3日間出勤したら判断できます。

自分に合わない職場だと気づいても短い期間で「辞めます」というのはかなり勇気がいりますよね?

「自分の判断が間違えていたらもったいないしなぁ…」

「わたしに期待してるのに裏切ることになるなぁ…」

とわたしは思ってました。

そんな経験をしてきた私の結論としては自分に合わないと判断したらたとえ3日間であっても退職する決断をしましょう。

なぜならわたしがダラダラと耐えながら続けて成果もでずに体調崩してしまったからです。

そこで今回は最短3日で退職する方法を体験談をもとにご紹介します。

 

会社を最短でいつ辞めれる?2週間後

会社を即日退職するという話がよく出てきますが法律上では退職申し出てから2週間後にしか辞めれません。

ここで言う退職とは雇用主との関係が終わる事を言います。

その為3日で雇用主との関係を終わらせることはできないことになります。

正式な退職は2週間後

上記の法律通り退職自体は2週間後にしか成立しません。

その為、3日出勤しただけで退職を申し出てから2週間の間は嫌でも在籍していることになります。

転職活動をすること自体はまったく問題ありませんが履歴書に記載する場合は「退職予定」と記載をするようにしましょう。

2週間毎日出勤する必要はない

退職を申し出てから退職日を迎える2週間後までずっと出勤する必要はありません。

しかし、入社して3日だと有給休暇が付与されていませんので出勤しないとなると欠勤になります。

欠勤も会社側と合意なく勝手に欠勤を強行してしまうと就業規則違反に該当してしまって懲戒解雇になりますので注意が必要です。

会社側へ退職日まで欠勤することの合意を得るように話し合いましょう。

 

最短3日で退職するのは現実的にはかなり難しい

退職自体は民法で決められていますので間違いなく辞めれます。

しかし、「3日で退職します」「2週間後の退職日まで欠勤します」と言っても現実的ではありません。

退職を申し出ても認めてもらえない(しつこい引き止め必至)

そもそも3日で退職に限らず「辞めます」と言ってすぐOKと言われません。

その理由は

  • 上司の評価に響く
  • 採用に多額のお金を払っている
  • 人手不足

上記の3つがあります。

 

【退職引き止め】マジしつこい!対処法4選。引き止めには論破で対応
【退職引き止め】マジしつこい!対処法4選。引き止めには論破で対応退職の引き止めがしつこいことはよくあります。 退職引き止めがしつこい場合の対処法をご紹介。 退職引き止めは「辞めるのもったいない」と言う だけで原則は違法行為です。 これまでの退職経験5回以上から試してよかった 方法を公開します。...

 

2週間連続欠勤すると懲戒解雇になる⁉︎

「退職日までの2週間をすべて欠勤します」

と言っても上司がOK出すはずがありません。

そうなるとどうしても出勤したくない場合は無断欠勤扱いにされる恐れがあります。

「体調悪いので休みます」とたとえ連絡しても上司が「認めない」と言ってしまうと上司からの嫌がらせで無断欠勤として処理されるリスクは十分にありえます。

 

【体験談】会社を最短で辞めた話

わたしは会社を退職意思を伝えてから退職日までの2週間1日も出勤しなかった経験があります。

また僕は入社して3ヶ月で退職した経験があります。

入社3ヶ月という最短で退職した話

僕はこれまで転職経験が5回以上ありますがその中で最短で退職したのが入社3ヶ月です。

転職活動も前向きな転職活動ではなくどちらかと言えば後ろ向きな転職だったので望んだ会社ではありませんでした。

実際に初出社してから研修もなくいきなり先輩と夜の8時ぐらいまで同行が始まりました。(昼飯なし)

そんな日々に耐えていたら案の定体調不良になりこのままだと取り返しがつかないと思って退職意思を伝えました。

上司からは引き止められて「給料のアップもするから」「仕事量減らす」という提案をされましたが長く働けないと判断して提案を強く断って辞めた感じです。

強い意思を上司に伝えたことでそれ以上の引き止めなく特に後任に引き継ぐことはなかったので無の心で2週間出勤して退職を迎えました。勤務期間の長さではなく辞めるという強い意思が大事です。

退職意思を伝えてから2週間出勤なし

わたしは退職意思を伝えてから2週間後の退職日まで出勤せずに辞めた経験があります。

結論から言うと「退職代行」を使って辞めました。

直属の上司に退職意思を伝えましたが拒否されたのでどうすることもできずに退職代行を利用したんです。

退職代行に①代行依頼②お金支払い③ヒアリングシート提出④退職代行完了連絡を待つ⑤退職届、貸与物返却⑥有給消化し退職

上記の流れだけで退職代行使ってから退職日を迎えるまで会社と直接やり取りせずに済みました。

有給消化では足りない日数は体調不良を理由に退職代行担当者が交渉して通常通りの欠勤で問題なし。

わたしはこの方法で無事に退職日まで1度も出勤せずにやり取りもせずに退職できました。

ちなみにわたしがスムーズに辞めれたのは退職代行SARABAのおかげです。

 

退職代行SARABA評判、口コミ
退職代行SARABA(サラバ)の評判は?口コミ5選+体験談あり退職代行さらばユニオンが運営する 退職代行SARABA(サラバ)の評判、口コミ を調査した結果を分かりやすくご紹介しています。 実際の体験談コメントもご紹介しています。...

 

【最短】会社を3日で辞める(出勤しない)現実的な方法

あなたが今の会社をどうしても最短で辞める現実的な方法をご紹介します。

①退職を上司に直接伝えて翌日から有給休暇で出勤しない

有給休暇が2週間以上残っている人にできる方法です。

上司に退職を伝える時に「明日から有給休暇消化します」と伝えます。

本来なら有給休暇消化も退職も上司の許可はいらないので押し切る勇気があれば1番手っ取り早く合法的に出勤しなくて済みます。

 

退職は口頭だけでOK?口頭で伝える流れを6ステップで解説
退職は口頭だけでOK?口頭で伝える流れを6ステップで解説退職を口頭で伝えるにはやり方があります。 やり方を知らずに退職を上司へ伝えてもほぼ 99.9%うまくいきません。僕がこれまで退職 5回以上の経験からやり方をご紹介します。...

 

②退職届を人事部に郵送する

上司に退職伝えるのが「説教されそうで嫌」だったり「どうせ許してもらえない」と考えるなら退職届を人事部に直接郵送しましょう。

退職すること自体は合法なので退職届を人事部に郵送したら会社側は受け入れるしかありませんからね。

退職届が届いた日から有給休暇消化をすれば出勤せずに退職日を迎えることができます。

 

退職届を郵送バックレはあり?よくある疑問5選!体験談から解説
退職届を郵送バックレはあり?よくある疑問5選!体験談から解説退職届郵送バックレしようと考えている方へ やり方を解説。退職届郵送バックレはリスク もあるのでメリット・デメリットを紹介しています。...

 

③退職代行使う

お金はかかりますがあなたにとってストレスフリー(上司への退職交渉なし)の1番の辞め方です。

上司からの説教もなく会社との直接やり取りもなく平穏無事に出勤せずに退職できます。

有給休暇が残ってなくても退職代行が会社と交渉して通常欠勤扱いにしてくれます。

社員が辞めるとなったら上司や会社側の態度が変わるのはある程度想定しておく必要があるので専門家に依頼することで不安がなくなります。

下記に退職代行10社比較した中で厳選したおすすめ退職代行を3社あげています。

 

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARABA

退職代行サービスSARABA

【公式】https://taisyokudaikou.com
退職代行サービス人気No.1!労働組合運営の中で最安値

弁護士法人みやび

弁護士法人みやび評判、口コミ

【公式】http://www.taishoku-service.com
弁護士法人を選ぶなら24時間365日対応の弁護士法人みやび!

辞めるんです

退職代行辞めるんです。評判、口コミ

【公式】https://yamerundesu.com
退職が完了してから料金を支払いたいなら退職代行料金後払い可能の「辞めるんです」

 

退職代行ランキング
【9月】退職代行おすすめランキング10選!経験者が完全解説退職代行経験者がおすすめの退職代行をご紹介。 退職代行を使いたいけど業者の選び方、料金、など悩んでいるあなたに向けて独自検証した結果をご紹介しています。...

 

最短3日で会社を辞めることは可能!退職の専門家からサポートを受けよう

今回最短3日で会社を辞めることができるのかご紹介してきました。

結論から言えば正式な退職は2週間後だが出勤しなければ3日で退職したことと同じです。

正式な退職日がいつであろうと1日でも早く出勤しなくて済めばいいことですからね。

しかし上記のことをあなた1人で上手く話を進めていくにはかなりの労力がかかります。ブラック企業を辞めるとなれば嫌がらせされてもおかしくはないでしょう。

その恐怖を解決してくれるのが退職の専門家である退職代行です。

わたしは退職代行依頼から完了までほぼ1日足らずで済みました。これだけ簡単な依頼だからこそ利用者が増えていることに納得しました。

あなたには辞めたくても辞めれずに毎日泣いていたわたしのようにはなってほしくありません。

ぜひ退職代行に1度気軽に無料相談してみてはいかがですか?

 

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARABA

退職代行サービスSARABA

【公式】https://taisyokudaikou.com
退職代行サービス人気No.1!労働組合運営の中で最安値

弁護士法人みやび

弁護士法人みやび評判、口コミ

【公式】http://www.taishoku-service.com
弁護士法人を選ぶなら24時間365日対応の弁護士法人みやび!

辞めるんです

退職代行辞めるんです。評判、口コミ

【公式】https://yamerundesu.com
退職が完了してから料金を支払いたいなら退職代行料金後払い可能の「辞めるんです」

 

退職代行ランキング
【9月】退職代行おすすめランキング10選!経験者が完全解説退職代行経験者がおすすめの退職代行をご紹介。 退職代行を使いたいけど業者の選び方、料金、など悩んでいるあなたに向けて独自検証した結果をご紹介しています。...

 

退職の方法
【5分で解説】うまく退職する方法はある?新卒〜パートまで対応うまく退職する方法は少しのコツが必要です。 新卒からパートまで退職理由・伝えるタイミング を工夫するだけで円満退職に近づきます。 体験談をもとに完全解説。...
ABOUT ME
転職CAFEメンバー
転職CAFEを自遊人パパ・チカ・アタルの3人で運営しています。20代向けにキャリア情報・転職情報・資格情報を発信