退職代行サービス

退職代行を使って後悔する?退職代行を使うリスク4選。リスク回避策も紹介

退職代行 後悔
悩んでいる人
悩んでいる人

退職代行を使うと後悔しますか?

後悔しない方法を知りたい

 

今回は上記のような悩みを解決していきます。

今回の記事を担当するのは転職CAFEメンバーのチカです。

チカのプロフィール

 

“チカ”
“チカ”

わたしは過去に退職代行を使って辞めたことがあります。

今でも退職代行を使ったことに後悔はありません。

 

退職代行を使って辞めたことを後悔する人はいるのも事実。

「退職代行を使って上司が家に来てしまった」

退職代行を使って辞めるのはクズ!甘え!という批判を受けた」

 

上記のような状況になると退職代行使ったことを後悔することも。

しかし、事前に対策を打つことでほぼ解決することができます。

今回わたしが実際に実行して良かった対策をご紹介していますのでぜひあなたの退職代行利用の参考に。

 

退職代行を使って後悔する?事例4選

 

  1. 懲戒解雇される
  2. 自宅まで来て退職妨害する
  3. 損害賠償される
  4. 公務員は退職代行利用は難しい

 

懲戒解雇される

退職代行を使うと「懲戒解雇」になるんじゃないか?という話を聞きます。

実際に下記のようなアドバイスをしている弁護士もいるようです。

会社側も契約している顧問弁護士にアドバイスを求めますね。

上記のようなことを考えると退職者も法律を熟知していて会社側と交渉が許される退職代行を選ぶべき。

弁護士・労働組合の退職代行を選ぶことで後悔なく辞めれます。

 

自宅まで来て退職妨害

自宅まで来て退職妨害体験談画像

出典 退職代行SARABA体験談より

上記のLINEの中身の状況は退職代行を使って辞めようとしたら会社の人達が自宅に押しかけてきた事例。

日常的な暴力やパワハラが横行している特殊な会社のようです。

その後、退職代行担当者より会社側へ社員を帰らせないと警察に連絡すると伝えたらすぐに帰って行ったとのこと。

退職代行使って自宅に来られたら使ったことに一瞬後悔しますよね。

しかし、法律では労働者は守られているのも間違いありません。

今回の退職代行SARABAのように会社側へきちんとした対応ができる退職代行を選ばないと後悔することになりそうです。

 

損害賠償される

よく退職代行を使って辞めたら「損害賠償される」という話があります。

確かに損害賠償されたら退職代行使ったことを後悔しそうですね。

しかし、社員個人に対して損害賠償請求することはありません。

(横領・背任行為など違法なことをしていたら別です。)

ごく稀にですが下記のような事例があるようです。(この事例はほとんどの会社員には当てはまりません)

 

公務員は退職代行利用が難しい

公務員は一般会社員と違って「辞めます」と言って2週間後に簡単に辞めれるわけではありません。

公務員は辞令がおりて初めて辞めれるという特殊性があります。

しかし、公務員でも弁護士法人の退職代行を使うことで辞めることは可能。

一般企業の退職代行を使ってしまうと必ずトラブルになった後悔するので気をつけてくださいね。

詳しくは下記記事で紹介しています。

 

公務員退職代行
公務員も退職代行を使うのは可能?公務員と民間企業の違い3選!公務員のあなたが退職代行を使って退職することができるのか?そのような悩みに情報発信していきます。 ・公務員も退職代行を使って退職できる ・公務員と民間企業社員との退職手続きの違い ・公務員におすすめの退職代行 紹介しています。...

 

退職代行を使って後悔した口コミ

 

 

 

退職代行を使って後悔しなかった口コミ

 

 

退職代行を使えばよかったと後悔した口コミ

 

 

 

退職代行を使って後悔しない方法【体験談】

わたしは退職代行を使って辞めたときに安くない料金を払うので絶対に後悔したくないと思って策を練りました。

実際にした対策をご紹介。

 

  1. 懲戒解雇を回避する
  2. 罪悪感を減らす
  3. 弁護士・労働組合運営を選ぶ

 

懲戒解雇を回避する

懲戒解雇にされるのが1番心配だったのでなんとか対策ができないか考えました。

その結果、運良く有給休暇が10日ほど残っていたので退職代行を使う前日にPCから申請を全部だしました。

退職代行の担当者へ2週間後の退職を伝えてもらって有給休暇消化で無断欠勤回避しました。

下記の方も同じようなTweetされてます。

 

10日以上有給休暇が残っていない場合でも退職代行から会社側に交渉してもらい「合意の上での欠勤」にしてもらいます。

無断欠勤にならなければ懲戒解雇の対象にはなりません。

 

罪悪感を減らす

退職代行を使って辞めた場合の後悔の1つに「罪悪感」があります。

そこで、わたしはお世話になった方宛に手書きの手紙を作成しました。退職の話し合いが決まってから作成しておいた手紙をポストに投函。

わたしも退職代行を使った理由がハラスメント上司に退職意向を伝えてやり取りするのに極度のストレスを感じたからです。

逆を言えば、ハラスメント上司以外は嫌いな同僚はいなかったことになります。その後の数人の同僚とは今でも連絡したりご飯食べたり関係良好です。

 

退職代行を使うと罪悪感あり?罪悪感をやわらげる4つの方法
退職代行を使うと罪悪感あり?罪悪感をやわらげる4つの方法退職代行を使って退職することに罪悪感をもつ必要は ありません。罪悪感をもたずに退職代行を使って退職 できる方法をご紹介しています。...

 

弁護士・労働組合運営を選ぶ

退職代行を使って辞める場合に後悔したくないならベスト①弁護士②労働組合です。

退職代行料金を50,000円以上払えるなら弁護士がいいでしょう。

料金50,000円払える余裕がないなら労働組合運営。

よほどのブラック企業ではない限り労働組合運営でトラブルなく退職はできます。

 

退職代行SARABA評判、口コミ
退職代行SARABAの評判、口コミは?利用者の口コミ5選を紹介!SARABAの評判、口コミを初めて利用する方に向けて分かりやすくご紹介しています。独自取材した情報ですので情報精度は高いです。...
弁護士法人みやび評判、口コミ
弁護士法人みやびの評判、口コミは?弁護士法人でNo.1の安心、明朗会計!弁護士法人みやび評判、口コミをご紹介します。弁護士法人の為安心感はもちろんですが料金も明朗でおすすめです。 ...

 

後悔しないように退職代行を選ぼう

退職代行サービスは業者選定を間違えなければ後悔することはほぼありません。

「退職代行を使って上司や同僚に申し訳ない」

「なんて自己中な人間なんだぁ」

上記のようなことを特別に考える必要もありませんよ。

上司や同僚の本音からすると、いきなりバックれられたり体調を崩して日常業務もままならなかったりするより退職代行を使ってでも辞めてくれる方が後々助かることもあります。

(退職代行使われた直後は混乱は多少あると思いますが)

少しでも上司や同僚に迷惑をかけないようにするならしっかりとした退職代行を使うことです。

料金の問題もありますが適正な料金設定で信頼性のある退職代行を選ぶようにしてくださいね!

 

退職代行ランキング
【5月】退職代行おすすめランキング10選!経験者が完全解説退職代行経験者がおすすめの退職代行をご紹介。 退職代行を使いたいけど業者の選び方、料金、など悩んでいるあなたに向けて独自検証した結果をご紹介しています。...
退職代行やばい業者の特徴5選
退職代行やばい業者を厳選した特徴8選!使ったその後を体験談から解説退職代行を使いたいけどやばい退職代行を避けて利用したい。きちんとした退職代行の見分け方を「やばい退職代行の特徴を8個」厳選してご紹介しています。 ...
退職代行その後
退職代行使ったその後が不安?3ステップで不安を解決!体験談あり退職代行利用したその後はどうなるか不安です。 実際に利用した体験談をもとに退職代行に依頼した 後、退職代行が実行されたその後、退職したその後 について紹介しています。...
ABOUT ME
転職CAFEメンバー
転職CAFEを自遊人パパ・チカ・アタルの3人で運営しています。20代向けにキャリア情報・転職情報・資格情報を発信