転職ノウハウ

転職内定が出たら気をつけるポイント5つ!【簡単】

転職内定
  • 採用先からの内定連絡の方法
  • 雇用条件確認方法
  • 入社準備リスト

転職面接が終わってもそこで終わりではありません。内定書が届くまでは気が抜けません。

初心者にとって初めてのことばかりですので今回の記事を読んで整理しておきましょう。

 

転職内定前のステップ

転職内定

面接が無事に終了したらあとは内定の連絡を待ちます。

内定/お見送りの連絡は面接終了して翌日〜1週間の間での連絡が1番多いです。

(僕の経験上では最長で2週間待たされたことがあります)

内定連絡は下記のパターンがあります。

  • メールに雇用条件詳細が添付されてくる
  • 電話でまず連絡がくる。その後雇用条件詳細がメール/書面郵送される
  • 転職エージェントを通して連絡あり

 

メール連絡

メールにて連絡が1番多いです。その後入社承諾書が郵送で届きサインして返送します。

仮に、内定辞退する際はメール返信/電話にて人事部へ辞退連絡です。

 

電話連絡 

電話がかかってきます。そこで、内定を出すが入社の意向はあるか確認されるときがあります。(内定をだしましたという連絡だけの時もあります)

あなたの中で1度考えたいときや他社の内定を待って決めたいときがありますよね。

そんな時は、まず入社意向がありますと回答します

その時に、明確な回答をしないと内定辞退と勝手にみなされてしまうことがあります。

内定書や雇用条件を確認してから返事して問題ありません。

転職エージェント連絡

僕の1番おすすめが転職エージェントを通しての受験です。

なぜなら、上記2パターンのように採用企業と直接やりとりするリスクが回避できるからです。

  • 選考結果の直接やりとりによる消耗
  • 直接入社を迫られる

内定の連絡が1週間程度でこなかった場合、「落ちた?人事部が忘れてる?まだ選考中?」

上記のような悩みが発生します。

(僕は過去に連絡忘れをされたことがあります。直接連絡して状況確認を何度かしました)

そうなると恐る恐るあなたが採用企業に直接メールか電話問い合わせしないといけません。(結構精神的ストレスになります。)

転職エージェント通すと転職エージェントが随時確認してくれます。

会社によっては内定承諾するかしないかを電話で決めるように迫ってきます。

受験者側としては無理矢理言わされた感じが残ります。

受験者が直接採用企業とやりとりするのはリスクがありますね。

転職エージェントを通すことでまず直接連絡が受験者に来ることはありません。

内定の出し方には企業によってバラバラです。

あなたが個人でやりとりするのは手間や精神的消耗にもつながりますよ。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com
転職支援実績No.1☆ 20代は間違いなく登録しておくエージェント

doda

【公式】https://doda.jp
転職支援満足No.1☆特に20代30代の若手におすすめエージェント

JACリクルートメント

【公式】https://www.jac-recruitment.jp
年収600万以上・外資系企業転職を考えるなら間違いなくおすすめエージェント

 

転職内定後のステップ

内定の連絡が来てから確認しておかないといけないポイントがあります。内定がでたことでテンションが上がって確認せずにいると大変なことになりますよ。

労働条件

まず労働条件を確認します。

内定企業から労働条件連絡書/労働条件契約書が届きます。

上記の書面には下記のような内容が記載されてます。

  1. 契約期間
  2. 仕事内容
  3. 労働時間
  4. 給料
  5. 休日
  6. 社会保険関連

上記の中で僕が過去に入社後に驚いたことがあるのでご紹介します。

休日について

週休2日制1ヶ月の中で1週だけ2日休みでOK。残りの3週は2日休みを与える必要なし
完全週休2日制毎週2日確実に休み

週休2日制と聞くと毎週2日休みだと思いますよね?

実は違いますので注意が必要です。

「週休2日制」や「完全週休2日制」について説明しましたが、これらは法律上の用語ではありません。これまでの労働基準法の改正の経緯や企業の慣行のなかで生まれてきた用語です。

休日に関して法律で決められているのは、「会社は毎週少なくとも1日、社員に休日を与えなければならない」ということだけです。週に1日休日を設ければ、それ以外の休みをどう設定するのかは基本的に会社の自由です。

ただ、同時に法律では、労働時間は原則として1日8時間・1週40時間まで、とも定められています。1日8時間働くとして、5日働けば週の労働時間の上限である40時間に達するので、残りの2日を休みとしている会社が多いのです。

引用:週休2日制と完全週休2日制違い doda

土日、祝日が休みか平日休みかは書面に記載ない場合があります。知りたい場合は企業に確認必要しましょう

内定承諾/辞退は早めが大事

転職内定

 

内定の承諾/辞退の返事は早めにしましょう。

僕の経験上、提出期限を設けている企業がほとんどです。

提出期限を過ぎると内定辞退とみなされますので注意が必要です。

もし、他社も受験していて他社の結果を見てからという場合は内定を出した企業に連絡必要です。

内定保留
内定保留のメリットは?メリット3選!デメリット3選を体験談から解説内定保留はできるのか疑問はありませんか? 複数会社を受けていたら全て終わってから決めたいですね そんなあなたの為に、内定保留のやり方・メリット/デメリット をご紹介...

 

入社日・退職日を決める

内定を承諾したら決められた入社日までに準備を進めていきます。

内定から入社日までに余裕がない場合がほとんどです。

内定承諾したら翌日〜数日にら現企業に退職の意向を伝えましょう。

可能であれば退職日までに1ヶ月以上あることが望ましいです。

入社手続きに必要な物

転職内定

転職する会社には必ず提出しないといけない書類があります。個人で準備するものと転職先会社から貰わないといけないものがあるので整理して理解しておきましょう。

 

雇用保険被保険者証【個人】雇用保険の加入
年金手帳【個人】年金加入
源泉徴収票【個人】年末調整に必要 (年明け入社は必要なし)
扶養控除等申告書【転職先】社会保険・税金の手続き
健康保険被扶養者異動届【転職先】社会保険の手続き
給与振込先の届書【転職先】給与口座振込みに必要

普段は見ないような書類が多いですのですぐには見つからないことが多いです。そのため、事前に探しておいて整理しておくことをおすすめします。

内定/入社準備のアドバイスをもらう【転職エージェント】

転職内定

内定書のやりとりや雇用条件書類など今まであまり見たことがない書類が増えます。初心者のあなたは理解できない部分も多いでしょう。

重要なことの見落としや勘違いなどが許されないことも多くあります。

そういうことが心配だと思いますのでそんな時は「転職エージェント」がアドバイスしてくれます。

転職の専門家なので雇用条件の見るポイントや入社に必要な準備物など事前に整理して教えてくれます。

全て無料で教えてくれるサービスですから使わない手はありませんよ!

しかも、転職エージェントを使うことで内定率も上がります!

  • 非公開求人を含む多くの求人を紹介してくれる
  • 転職書類添削
  • 転職面接対策

少なくとも上記3つもサポートしてくれるわけですから内定率が上がるのは当然です。

登録も簡単ですので僕がサポートを受けてきた下記転職エージェントに登録してみてください!

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com
転職支援実績No.1☆ 20代は間違いなく登録しておくエージェント

doda

【公式】https://doda.jp
転職支援満足No.1☆特に20代30代の若手におすすめエージェント

JACリクルートメント

【公式】https://www.jac-recruitment.jp
年収600万以上・外資系企業転職を考えるなら間違いなくおすすめエージェント

 

退職の方法
【5分で解説】うまく退職する方法はある?新卒〜パートまで対応うまく退職する方法は少しのコツが必要です。 新卒からパートまで退職理由・伝えるタイミング を工夫するだけで円満退職に近づきます。 体験談をもとに完全解説。...
ABOUT ME
転職CAFEメンバー
転職CAFEを自遊人パパ・チカ・アタルの3人で運営しています。20代向けにキャリア情報・転職情報・資格情報を発信