仕事の悩み

【妊娠で仕事辞めたい】辞めたくなる理由5選!

  • 妊娠中なんですがしんどくて仕事辞めたいけどいいのかな?
  • 妊娠中でも頑張って仕事続けていた方がいいのかどうか知りたい

 

このような悩みを解決していきます!

 

記事の信頼性

チカのプロフィール

今回この悩みについてお話をするチカです!

私のプロフィールは上記ですが子どもを1人産んでいる母親でもあります。

私も初めての妊娠中にあなたが悩んでいるようなことで悩んだ過去があります。

妊娠中は毎日のように仕事辞めたい仕事辞めたいと思ってました。

今までのように身体もうまく動かないので仕事も思い通りにいかないこともあります。

妊娠中に仕事を辞めたいと思っているのはあなただけではありません。

今回の記事を最後まで読んでいただいて解決策を考えていきましょうね。

体験談を交えながら解決策をご紹介していきますね!

 

記事の内容

  • 妊娠中仕事を辞めたくなる理由
  • 妊娠中仕事を辞めた時のデメリット
  • 妊娠中仕事を辞める人数データ紹介
  •  妊娠中仕事を辞めたいなら知っておきたい注意点
  • 退職する時は退職代行サービスが便利

 

妊娠で仕事辞めたくなる理由

妊娠中に仕事辞めたい当たり前

妊娠中は仕事辞めたくなります!すぐにでも!

私も子どもを妊娠したときに経験しているのであなたの気持ちがよくわかります。

妊娠中に私が実際に妊娠中に仕事がつらいなと思ったことをご紹介します。

 

  1. つわりがひどい
  2. 通勤がつらい
  3. 上司、同僚の目が気になる
  4. 夫や親からの心配
  5. 赤ちゃんへの影響

 

つわりがひどい

圧倒的No.1ですね。私は体質的につわりが割とひどい方で毎日クルマ酔いしているような状態でした。

食べれる物といえば、私はパイナップルだけでした。

当時はよくわからなかったのですがあとで調べたらつわりのときにパイナップルを食べるのはいいみたいです。

上記のような状態で普通に仕事するのはつらくて当たり前ですよね。

 

通勤がつらい 【バス・電車乗り継ぎ】

わたしが妊娠中だったときは、クルマ通勤ができなかったので電車とバスを乗り継ぎながら通勤してました。

妊娠初期は、つわりで通勤中吐かないか不安でした。

妊娠中期は、お腹も大きくなってくるのでバス、電車の乗り降りも一苦労したことを覚えてます。

上司、同僚への気遣いに疲れる 【無言の圧力】

妊娠すると今までと違って身体がうまく動かないことがありました。

上司、同僚(男性、妊娠経験がない女性)からは「仕事は仕事なんだから甘えは許さない」に近いことを言いたそうな感じはありました。

仕事の朝から本当に身体が動かないときの休みの連絡もしずらいですよね。

 

旦那や両親から過剰に心配される

特に初めての妊娠のときはありがたいことに旦那も両親も心配してくれました。

その心配も時にはプレッシャーになったりして仕事1回辞めた方が皆んなにとって1番いいのかなと思いましたね。

 

赤ちゃんへの影響 【1番気になる】

初めての妊娠は妊婦さんは不安と心配だらけです。

妊娠中に働き過ぎて赤ちゃんに問題が起きたとかストレスはよくないだとか。

まわりには仕事してない環境で妊娠している友達もいてうらやましくて仕方なかったですね。

自分のお腹に赤ちゃんがいることを味わう時間を仕事に奪われているような気がしてました。

 

妊娠中に仕事辞めることへのデメリット 【福利厚生・お金】 

妊娠中に仕事を辞めるのが1番です。私はきっぱり辞めました。

メリットの方が多いとは思いますがデメリットも確認しておきましょう。

  1. 産休、育休が使えない
  2. 再就職が難しい
  3. 収入が減る

 

産休/育休を利用できない

現代は、産休・育休を使えるように社内ルールがあります。

労働者の福利厚生の1つでもあるのでせっかくなら思う存分使いたおしてやりたいと思います。

仕事辞めると上記が使えないことになります。

 

産休

意味合い産前の準備期間〜産後の回復期間
期間出産予定日の6週間前〜産後8週間(産前開始日は任意・産後は法律上決められている)
手当て(お金)出産手当金 (欠勤1日あたり給料の2/3が支給)

 

育休

意味合い仕事を休んで育児に専念してほしい
期間産後休業終了翌日〜子どもが1歳の誕生日を迎えるまで。(産休と育休合わせて最長2 年3ヶ月程度取得可能)
手当て(お金)育児給付金
手当非該当条件
  • 現在の会社雇用1年未満の場合
  • 1年以内に雇用関係が終了する場合
  • 週の所定労働日数が2日以下

 

参照元:産休&育休情報 厚生労働省

 

再就職が難しい

仕事を辞めると元の会社に復帰するのは難しいです。

なぜなら、後任をすぐに雇うからです。

そうなると、育児が落ち着いてから就職活動を始めてもハードルは高くなります。

 

  • 正社員
  • 同じ給料
  • 通勤圏内の職場

 

上記を望むには、資格やスキルを身につけておく必要があります。

収入が減る

退職したら収入が減ります。

退職金、失業保険などは一時的には入ってきますがいずれ無くなります。

夫の収入と支出を見直しておく必要があります。

妊娠中、仕事辞める人は自分だけ?【現実は意外に多い】

妊娠中に仕事を辞めるのは私だけなのか?気合いが足りないのか?など私は当時考えました。

結論から言うと、妊娠中に退職するのは多いです。

データをご紹介します。

出産までに仕事を辞めたデータ

参照:2016年 出産&仕事 明治安田総合研究所

 

妊娠中に退職した理由:(2018年 25歳〜44歳の子育てと仕事の両立)

明治安田総合研究所

上記データから妊娠中に仕事を辞めたいと思う人が多いことが分かります。

そう思った人の半数以上の妊婦さんは実際に退職という行動を起こしています。

妊娠中仕事辞めたいときに知っておく注意点

妊娠中は妊娠していないときに比べて意識して気をつけないといけないことがあります。

 

  1.  ストレスを過剰にかけない
  2.  負荷のかかる運動
  3.  長時間の立ち仕事
  4.  長時間の通勤
  5.  重い荷物を持つ
  6.  身体を冷やす

 

特に妊娠初期には上記のようなことは避けなければなりません。

 

上記は、妊娠中に私がお腹の赤ちゃんによくないなと思いながらもやってしまっていたことです。

 

まわりから声をかけてくれたら頼みやすいんですが自分からあれもこれもお願いするのは気が引けました。

 

上司や同僚が妊婦に優しいような職場ではない限り難しいです。(基本的に男性には大変さがわからないでしょう)

 

正直私の経験上、上司・同僚にお願いするのが気が引けるなら1度退職することをおすすめします。

 

日本人の良き文化である言わなくても察しなさいよが何故か妊娠に対しては実践されないことが多いですよ。

 

退職の引き止めがしつこい場合もありますので退職を伝える前に対策を考えておきましょう。

 

妊娠中に仕事を辞めたいときは専門家に確認するのがあり

妊娠中に仕事辞めたい時は医師に相談

妊娠中に仕事を辞めるか辞めないかは出産を予定しているドクターに相談をしましょう。

専門的なアドバイスをもらうと仕事を辞めるにしても自信を持って辞めれますよね。

妊娠中は、精神的に病む(マタニティーブルー)ことは多いです。

妊娠というこれまでにない幸せなことなのに精神的に病んでしまったらこれから生まれてくる子どもが幸せになりません。

 

もし、主治医から勤務時間へのアドバイスがあったときには「母性健康管理指導カード」をもらうことができます。

 

母性健康管理指導カード

母性健康管理指導カード (厚生労働省)

 

このカードは診断書と同じような効力があります。

医師が母子の健康状態を判断した上で適切な指示をカードとして発行します。

 

妊娠中は決して無理しないようにしましょうね!

 

【甘えじゃない】妊娠中は無理せず仕事辞めるのはあり

結論としては、妊娠中仕事を辞めたいと思ったら退職しましょう。

なぜなら、私は初めて妊娠したときに仕事辞めました。

冒頭で紹介した妊娠中に仕事辞めたいと思ったことがすべて当てはまったからです。このまま仕事を続けるのは難しいと思いました。

妊婦さんは出産がゴールではありません。出産した後からもめっちゃ大変です。

  • 授乳 (なかなか上手に飲んでくれません・・・)
  • 夜泣き (めちゃめちゃ泣きます・・・)
  • おむつ交換 (最初の頃はうまく交換できず色んなものが汚れます・・・)

夫が必ずしも全力で応援してくれるわけではありません(夫にも仕事がありますし職業によっては難しいでしょう。仕方ない)

それを総合的に考えたら、妊娠中の今仕事を辞めるという決断をすることが長い目で考えた時にいい決断になります。

(あなたのまわりで仕事しながら出産・育児上手にやっている人もいるかもしれませんが運よくできているだけかもしれません)

 

しかし、退職したいと伝えにくい気持ちもわかります。

 

  • 退職するにしても後任が決まるまでは続けてほしい
  • 以前から上司とうまっくいっておらず退職を伝えにくい
  • 退職すると伝えたら「甘えるな」「そんな都合のいい話はない」と言われそう

 

上記のように色々あると思います。

妊娠中無理しながら仕事続けてもストレスたまるし退職すると伝えてもストレスたまる・・・

そんな時にめちゃくちゃ便利なサービスが「退職代行サービス」です。

日本にはブラック企業が多く存在しているので退職代行サービスの需要が増えています。決してブラック企業のときだけ活用するのではなくあなたにとってストレスを少しでも減らす手段として使うんです。

>>>【おすすめ退職代行サービス】

妊娠中に仕事辞める!【まとめ】

妊娠中に仕事辞めたい まとめ

今回に記事のおさらいです。

  • 妊娠中仕事を辞めたくなる具体的理由
  • 妊娠中に仕事を辞めた時のデメリット
  • 妊娠中に仕事を辞める人数データ紹介
  • 退職する時は退職代行サービスが便利

 

少なくとも妊娠している期間は女性にとって人生の中で1番幸せな時間であるべきです。

その幸せの時期を仕事のストレスによって邪魔されることなんてあってはならないと思いませんか?

私は妊娠した当時そう思ってました。

それで、妊娠中に仕事を辞めましたしそのことを今になっても後悔はしていません。

今の時代は、育児が落ち着いてから仕事をしようと思っても個人の工夫次第でどうにでもなる時代になりました。

ぜひあなたにとって最善の選択をしましょうね!

 

退職の方法
【5分で解説】うまく退職する方法はある?新卒〜パートまで対応うまく退職する方法は少しのコツが必要です。 新卒からパートまで退職理由・伝えるタイミング を工夫するだけで円満退職に近づきます。 体験談をもとに完全解説。...
ABOUT ME
転職CAFEメンバー
転職CAFEを自遊人パパ・チカ・アタルの3人で運営しています。20代向けにキャリア情報・転職情報・資格情報を発信